こんな時どうする!?ご祝儀がどうしても払えなかったら

結婚式のご祝儀について考えよう!

結婚式のご祝儀は、相当高いと言えますよね。それも、結婚式が豪華なものになってきて費用がかかるようになり、それを参列者が半分程度は負担する構造になっているからですね。ただし、最近では、新郎新婦の友人などを披露宴に招いて、3万円程度のご祝儀をいただくということが難しくなってきました。そこで、披露宴には家族や親族を呼び、2次会に友人たちを呼ぶというスタイルが多くとられるようになってきましたね。2次会なら、ご祝儀も1万円程度で済みますよ。

ご祝儀を払うことが経済的に難しかったら?

ご祝儀を払うことが経済的に難しいのなら、無理をする必要はありませんよ。新郎新婦本人たちにとっては結婚式は一生に一度の機会ですから、なるべく盛大にと望むものですよね。しかし、招待される側は、友人の数が多ければ、何度も出席し、そのたびごとにご祝儀を出さなければなりませんね。しかも、男性なら30歳前後の時期に集中しやすく、その時期は何かと物入りで、ご祝儀に回せるだけの収入を確保できなかったりしますよね。

結婚式を欠席する場合には?

経済的な事情で結婚式を欠席する場合には、正直に事情を打ち明ける必要はありませんよ。それが親友だということになると事情は別ですが、そのときは何とか工面して参列することでしょう。結婚式の日取りは、それを開く側が一方的に決めるもので、呼ばれた側の都合がつかないことも珍しくありませんよね。「あいにくどうしても欠かせない用事が入っており」といった形で、欠席する旨を伝えれば、それで十分でしょう。お互いの事情を察しながら、さりげない気配りをして、問題が起こらないようにする、それが大人としての知恵でもありますよ。

東京が一望出来、青空に海に囲まれて結婚式を挙げることが出来るということで、都会の雰囲気を無くしたいというカップルに人気のある場所はお台場の結婚式場です。