幸せになりたい!結婚式を挙げる花嫁さんは、おさえておきたい4つおまじない

幸せになれる4つのおまじないってどんなこと?

誰しも、永遠の幸せがあったなら、それを手に入れたいと思いますよね。幸せの絶頂にいる花嫁さんだとしても、その思いは同じことでしょう。数百年も昔からヨーロッパで言い伝えられている、幸せを願うおまじないがあります。結婚式の当日に花嫁さんが身に着けていると、永遠の幸せを手に入れることができると言われている、そのおまじないは、欧米のみならず、最近では日本でも行っているケースが増えてきているようですよ。おまじないは4つあります。これから結婚式を予定されている方は、ぜひ、この4つのおまじないを実践してみてはいかがでしょうか。

まずはこれ!サムシングオールドとサムシングニュー

4つあるおまじないのうちの一つである「サムシングオールド」は、何か一つだけ古いものを身につけると幸せになれるというものです。伝統や祖先などを表す「サムシングオールド」のおまじないを実行するためには、先祖代々受け継がれているもの、もしくは、そこまで大袈裟に考えなくても、ご家族がつい最近まで使われていたものなどを使用するという方法でもよいでしょう。お母様などが使われた結婚式の思い出の小物を取り入れるという方法も素敵ですよね。そして、二つ目のおまじない「サムシングニュー」は、結婚して始まる新しい生活や、未来という意味を表しているため、その意味に合わせて、何か新しいものを身に付けてこれからの幸せを祈願をします。他の人から譲り受けにくいハンカチなどを新しく購入し、取り入れてみるのもよいでしょう。

幸せよ永遠に!サムシングボローとサムシングブルー

残り二つのおまじないは、「サムシングボロー」と「サムシングブルー」です。「サムシングボロー」は、何か一つ借りたものを身に付けるという方法を行うおまじないです。すでに幸せになっている人から、何かを借りることで、その幸せにあやかる意味があります。ご家族や親しい友人からアクセサリーなどを借りて結婚式当日に身に付けるのもよいでしょう。そして、最後のおまじない「サムシングブルー」は、何か青いものを身に付けることで幸せを願うおまじないです。キリスト教の聖母マリアの象徴となる青い色は、純潔や清らかさを意味し、目立たないところに身に付けると良いと言われています。欧米などでは、ガーターに青いリボンを飾る方法が一般的ですが、日本では、人それぞれさまざま取り入れ方をしているようです。青いものを靴の中に隠したり、靴のインソールに青いものを使用したり、また、ドレスの中に青いリボンを忍ばせるという人もいるようです。日本では、目立たないところに取り入れるということにこだわらず、アクセサリーや小物に青いものを使用することもあるようですよ。

大勢の人々に祝福してもらうなら結婚式場を赤坂で選びましょう。素晴らしい演出と式場でできるので思い出に残ります。