結婚式場で本当にあった仰天エピソード3選

神父さんが遅刻してハラハラ

結婚披露宴に先立って行われるチャペルでの結婚式。厳粛に式を行うはずだったのですが、肝心の神父さんが遅刻してしまい、その日の結婚式場の挙式スケジュールが大幅に狂ってしまい、大混乱に陥ったことがあります。何でも原因は、ひどい交通渋滞にはまってしまったということですが、新郎新婦はさぞ焦ったことでしょう。思ってもいなかった緊急事態が起こったときこそ、結婚式場の危機管理能力が試されるときではないでしょうか。トラブルが起こっても、慌てず騒がず、ベストな対応をしてくれる式場を利用したいですよね。

結婚式場に救急車が到着!

結婚式場にピーポーピーポーという救急車のサイレンが鳴り響いていたら、何事が起こったのかと、驚いてしまいますよね。ベテランの結婚式場スタッフによれば、救急車が呼ばれることはたまにあるそうなんです。たいていは、招待客がお酒を飲み過ぎて酔っ払ってしまい、前後不覚の状態に陥ってしまったり、階段でご高齢の招待客がうっかり転んでしまったりしたときに、救急車が呼ばれるといいます。ときには、妊娠中の花嫁さんが急に産気づいて救急車をよぶこともあるそうです。びっくりですよね。

招待されたのに自分の席がない!

招待された結婚式場に来てみれば、どこにも自分の席がない!招待客に失礼がないように、何度もチェックをしているはずですが、様々な準備に追われる新郎新婦は、どこかでミスをすることも珍しくはありません。こんなときこそ結婚式場のスタッフの腕の見せどころ。そつのない対応をしてくれる結婚式場のスタッフは頼りになります。準備の良い結婚式場では、こんなときに備えて必ず予備の席を数席用意しておくそうです。備えあれば憂いなしというわけですね。

福岡の結婚式場は、中心部である天神や博多駅、百道浜等に集中してます。理由として、大手や外資系の有名なホテルが多いからです。最近は、郊外にもお洒落な式場が増えてきています。