どんな指輪を買えばよいの?失敗しない結婚指輪の買い方

日常的に付けておく結婚指輪

婚約指輪が結婚後に大事に保管しておくものであるのに対して、結婚指輪は日常的に付けておくものですよね。なので、デザインなども控えめなものにすると生活に支障をきたさずにつけ続けることができますよ。婚約指輪には豪華なダイヤモンドを付けてもらったりなど、豪奢な仕様にすることが多いのに対して、結婚指輪はよりシンプルであまり派手でないものが選ばれる傾向にあります。特に長くつけるものですから、飽きが来ない普遍的なデザインのものが人気ですね。

サイズにはこだわりを持っておく

結婚指輪はずっとつけておくものです。それはどんなに月日がたってもそうですよね。しかし指輪と違って、人間の体系には多少なりとも変化が生じてくるものです。そうなると、若いころは違和感なくはめられたものでも、歳を重ねるにつれ指に付けておくのが負担になってくるということもあったりします。なので、結婚指輪は出来るだけサイズに余裕を持たせて選んだ方が良いでしょう。恋人が一緒にいると、ついつい見栄を張ってしまうものですが、のちのちつけることができなかったら嫌ですよね。

婚約指輪と一緒にはめることも

婚約指輪は、結婚指輪をはめるようになると、ケースの中にしまい込んでそのままにしてしまうということが一般的ですよね。でも、せっかくもらった婚約指輪ですから、ずっと保管しておくのはもったいないような気もしませんか?そんなときは、婚約指輪と一緒に付けておく結婚指輪を選んでみるのもいいかもしれませんよ。婚約指輪と結婚指輪のデザインが違ったりすると、ちょっとあべこべな印象も出てきてしまうので、デザインを合わせてあげると違和感なく日常的に付けておくことができます。

プロポーズの際、男性がマリッジリングを渡してプロポーズするものと世間では言われています。女性もプロポーズは指輪が欲しいと憧れている人も多いものです。リングのお返しに時計を男性に渡す女性も多いようです。